*)次の情報を報告対象としております
医療事故情報
(1) 誤った医療又は管理を行ったことが明らかであり、その行った医療又は管理に起因して、患者が死亡し、若しくは患者に心身の障害が残った事例又は予期しなかった、若しくは予期していたものを上回る処置その他の治療を要した事例。
(2) 誤った医療又は管理を行ったことは明らかでないが、行った医療又は管理に起因して、患者が死亡し、若しくは患者に心身の障害が残った事例又は予期しなかった、若しくは予期していたものを上回る処置その他の治療を要した事例(行った医療又は管理に起因すると疑われるものを含み、当該事例の発生を予期しなかったものに限る)。
(3) (1)、(2)に掲げるもののほか、医療機関内における事故の発生の予防及び再発の防止に資する事例。
ヒヤリ・ハット事例
(1) 医療に誤りがあったが、患者に実施される前に発見された事例。
(2) 誤った医療が実施されたが、患者への影響が認められなかった事例または軽微な処置・治療を要した事例。ただし、軽微な処置・治療とは、消毒、湿布、鎮痛剤投与等とする。
(3) 誤った医療が実施されたが、患者への影響が不明な事例。
発生件数情報
上記のヒヤリ・ハット事例のうち発生件数を報告していただきます
事例情報
上記のヒヤリ・ハット事例のうち、(1)〜(5)に該当する情報
(1) 当該事例の内容が仮に実施された場合、死亡もしくは重篤な状況に至ったと考えられる事例
(2) 薬剤の名称や形状に関連する事例
(3) 薬剤に由来する事例
(4) 医療機器等に由来する事例
(5) 収集期間ごとに定められたテーマに該当する事例